AGA   著 者: もんた

  ↓↓↓画像クリックで詳細ページへ
AGAで悩んでいる日本人男性が、数百万から一千万人単位で
存在すると言われ、現代男性の深刻な悩みとなっています。


■AGA(Androgenetic Alopeci)

男性型脱毛症。 薄毛、ハゲの一種です。
 
 
■AGAの特徴
 
思春期以降の男性にみられます。

前頭部(生え際)&頭頂部に限定して薄毛が発生します。
どちらか一方に症状が表れる方もいれば、双方に表れる方もいます。
円形脱毛症、粃糠性脱毛症(脂漏性脱毛症)、壮年性脱毛症
などとは区別されて考えられています。

抜け毛、薄毛はゆっくりと長期に渡り進行します。
ご自分ではすぐに気付かない方も多いと思われます。
 
 
■AGAの原因
 
医学的な研究が進み、AGAの症状が表れている部分には、
脱毛を促進する脱毛ホルモン=DHT(ジヒドロテストステロン)
が高濃度に存在し、この物質が、正常な毛髪の育毛や発毛の
サイクルを阻害しているのだという事が明らかになってきました。
 
 
■AGAの治療方法
 
育毛剤、シャンプー剤を吟味し使用したり、もしくは、
民間治療的な育毛、発毛方法を実践するのも有効かもしれません。
 
しかし現在、脱毛ホルモン=DHT(ジヒドロテストステロン)
の生成抑制に効果がある医学的な治療法が開発されています。
それは効能が認められた、医薬品の使用です。
 
医薬品には「飲むタイプ」と「塗るタイプ」とがあります。
 
市販されているものがあるかもしれませんが、自己判断せず、
まずは、AGA治療を行なっている病院やクリニックなどで、
医師の診察、診断を受けた上で、その治療の一環として、
適切な医薬品の使用を行なう事をお勧めします。
 
 
■AGAとの向き合い方
 
AGAの症状は、ゆっくりと薄毛が進行していきます。
ですので、出来るだけ早くからその治療に取り組むべきでしょう。
 
そして、根気よく治療を続ける事がとても大切です。
 
薄毛になってきたからといって、完全にツルツル状態になる事は稀で、
通常、産毛が生えています。毛包が存在し、毛母細胞が活性化する
可能性があります。つまり、再び太く元気な毛が生えてくる可能性が
充分にあるのです。
 
時間はかかるかもしれません。
あせらず、あきらめずに、根気よく治療を継続する事が肝要です。
 
 
***************************************
薄毛対策!育毛発毛WEB
http://hairstory.seesaa.net/article/27878216.html
original article
http://hairstory.seesaa.net/article/27878216.html
***************************************


アーティクルリソース:http://www.viralarticle.com/


http://tb.mywiki.jp/fuuun/%94%B2%82%AF%96%D1%83%8A%83%93%83N%8FW/FrontPage/

シャンプーと乳化作用   著 者: もんた

  ↓↓↓画像クリックで詳細ページへ
抜け毛や脱毛を引き起こす大きな要因として、
頭皮の『皮脂』との因果関係が指摘されています。
皮脂が酸化して凝り固まり、毛穴を詰まらせてしまうそうなのです。
そして更に汚れが溜まり、毛髪・毛根にとって良からぬ状態になる・・・
 
男性の方が女性よりも分泌量が多い傾向があるそうです。
男性ホルモンや皮脂腺の数が関係しているのでしょうね。
ちなみに私は、ちょっと多目かもしれません。
 
そこで、シャンプーは欠かせないものになります。
毎日一度は、きっちりと皮脂や汚れを洗い流したいものです。
 
ところで、洗髪時に頭皮を指の腹でやさしくマッサージすると、
ヌルっとした皮脂の感触が伝わってきます。
そしてこのヌルヌル感は、洗ってもなかなか消えてくれません。
つまり、頭皮の皮脂や汚れは落ちにくいと言う事です。
皮脂は酸化すると粘着力がパワーアップして、ますます落ちません。
毛髪の汚れは、水(お湯)洗いのみでかなり落ちるのですがね。
 
余分な皮脂…毛穴に詰まった皮脂を、どれだけ洗い落とせるか。
それがシャンプー剤を選ぶ際の、一つの大切なポイントなるのですが、
一般的なシャンプー剤には、『乳化剤の成分』が入っているそうです。

「乳化」とは、簡単に理解すると、二つの異なった物質を混合させ、
安定させる事です。たとえば、水と皮脂とは性質の異なるモノ同士な
ので混ざり合えない。すなわち皮脂の汚れは落ちにくい。
だから、シャンプー剤に乳化成分を含有させる事によって、
水と皮脂とを乳化させ、頭皮から洗い流すという事のようなのです。
 
研究や技術の革新が進み、シャンプー剤ごとに、様々な乳化作用を持つ
成分が開発され使用されているそうです。その作用レベルも色々だそう
です。能力や品質の高低があるらしいのです。

皮脂や汚れがスッキリ落とせるのは、想像するだけでも気持ち良さそう
です。しかし皮脂を落とし過ぎると、フケやかゆみなど、新たな頭皮の
トラブルの原因にもなりかねないです。何事も適度が肝要。洗い過ぎに
はご注意を。
 
シャンプー剤って科学的なんですね。私は、実は科学音痴なのですが、
よく考えてみると、食器洗い専用の洗剤などの洗浄のメカニズムと共通
点があるように思えます。どちらも余分な物質・汚れを落とす「洗剤」
には変わりが無い訳ですからね。
 
でも、シャンプー剤は人体を直接洗う洗剤です。これは極めてデリケー
トな問題です。乳化作用により皮脂や汚れがキレイに落ちるのは嬉しい
のですが、どんな成分なのか等にも留意して、出来るだけ人体に優しい
安全な、そして自分に合ったシャンプー剤を選びたいものです。
 

※当記事は下記のサイト様を参考にさせて頂きました。感謝します。
http://www.helsinkiformula.co.jp/index.html
 
 
***********************************
薄毛対策!育毛発毛WEB
http://hairstory.seesaa.net/
※original article
http://hairstory.seesaa.net/article/26331695.html
***********************************


アーティクルリソース:http://www.viralarticle.com/

タバコが頭皮や毛髪に及ぼす影響   著 者: もんた

  ↓↓↓画像クリックで詳細ページへ
嫌煙権が勢力拡大を続ける今日、愛煙家は肩身の狭くなる一方です。
特に健康面においては「百害あって一利無し」
それがタバコに関する一般的な認識です。
 
ならば、タバコの喫煙が毛髪や頭皮に及ぼす影響は
どうなのでしょうか?
 
私も愛煙家の一人として、また薄毛を気にする一人として、
とても悩ましい問題なのですが、当然の事ながら悪いとされ
ています。簡潔にご説明しますと。
 
 
■第一点として、頭皮温度を下げます。
 
タバコにはニコチンやタールをはじめとする、
数千種にも及ぶ化学物質を含んでいるそうなのですが、
これらの作用により身体に熱量(栄養・エネルギー)不足を引き起こし、
体温低下を招くそうです。仮に毎日20本位を吸う人ならば、
常に頭皮体温が低下している可能性があります。
 
 
■第二点として、毛髪に栄養が行き渡り難くなります。
 
前述の通り、喫煙は身体の熱量不足を引き起こす要因となる可能性
があるのですが、それには、血液・血流が大きく関係しています。
タバコを吸うと、血管が収縮して正常な血流が阻害されるのです。
血液は酸素を運搬供給する役割があります。酸素は人間のエネルギ
ー生成の源。全身に血液が円滑に行き渡らなくなると、特に身体の
末端である頭皮や毛髪への影響は甚大で、毛母細胞等の活発な発毛
活動を妨げる事となるそうです。
 
 
■第三点として、ストレスの要因になる可能性もあります。
 
気持ちを落ちつかせる為の一服。リラックスする為の一服。
私も含めて、愛煙家の皆さんはそう考えているはずです。
しかし実は、タバコを吸うと体内のビタミンCが消費されて、
更なるストレスを引き起こすかもしれないそうなのです。
なぜなら、ストレス発生を抑制する物質である副腎髄質ホルモンや
副腎皮質ホルモンの分泌を活性化させる為には、ビタミンCが必須
だから。ストレスの状態によっては、ひどい抜け毛・脱毛が発生する
かもしれません。
  
 
■第四点として、臭いやタバコ成分が染み付きます。
 
私の喫煙経験上、衣服ばかりではなく、毛髪や頭皮にもタバコの臭
いが付いて周囲の人に不快を与える可能性があります。せっかく毎
日シャンプーしていても、風呂上りの一服、など、タバコを吸い出
すとすぐに臭いは付きます。また臭いが付くという事は、ニコチン
やタール等の成分が頭皮や毛髪に付着している事を意味します。こ
れらが頑固に付着すると、ひどい場合にはシャンプーでは簡単に落
ちなくなり、皮脂等の汚れを溜める要因ともなり、健康的な発毛活
動を妨げる可能性もあります。
 
 
このように、タバコは頭皮や毛髪にとっても、医学上、残念ながら
「百害あって百害あって一利無し」で、身体的な個人差はあるもの
の、タバコをキッパリとやめるか、それが出来なければ、出来る限
り吸う本数を減らした方が明らかに良いようです。
 
 
***********************************
薄毛対策!育毛発毛WEB
http://hairstory.seesaa.net/
original article
http://hairstory.seesaa.net/article/27314114.html
***********************************


アーティクルリソース:http://www.viralarticle.com/

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。