アンドロゲン性脱毛症   著 者: 武相荘翁

  ↓↓↓画像クリックで詳細ページへ
アンドロゲン性脱毛症とは、
男性型脱毛症のことですが、
男性と女性の両方におきる毛髪の障害です。

男性型脱毛症の発生率は、
男性の方が女性より大きい事が知られています。



男性型脱毛症は、遺伝的素因によって起こります。

アンドロゲンの影響下に、
頭髪をつくる毛母細胞をつつんでいる毛包がおとろえ、
頭髪が徐々に細くなり、
産毛(うぶげ)のような毛しかのこらなくなります。

通常少なくとも半分の太さに毛髪は細くなります。



男性型脱毛症は、厳密な報告では、
程度の差は合っても男性の大部分と、
40歳以上の女性の50%にみられるとされています。

閉経前の女性の13%に見られますが、
ほとんどの女性では更年期の後で増加します。

65歳以上の女性の75%に見られるという報告もあります。



男性型脱毛症は、基本的には美容の問題です。

心理的に患者に影響を及ぼすこと以外に、
紫外線が頭皮にあたり、
紫外線による各種の障害を引き起こすことは重要な問題です。

男性型脱毛症の男性は、
心筋梗塞の発病率が高いと言われています。

また前立腺肥大症にも関連していると言われています。



男性型脱毛症の発生率は
白人で最も高い傾向があります。

そして、
アジア人とアフリカ系アメリカ人で2番目に高くて、
アメリカインディアンとエスキモーで最も発生率が低くなっています。



重度の男性型脱毛症の多くが30歳までに障害の徴候を示し、
ほとんどすべての患者は40歳前に発症します。



************************************************
脱毛・薄毛対策、育毛・発毛
http://alopecia.seesaa.net/

original article
http://alopecia.seesaa.net/article/30451282.html
************************************************


アーティクルリソース:http://www.viralarticle.com/

薬物による脱毛症、その発生率と管理および回避について   著 者: 武相荘翁

  ↓↓↓画像クリックで詳細ページへ
多くの薬は毛周期に干渉して、
脱毛症を起こしている可能性があります。
脱毛症を起こす薬は、主に2つの異なる機序により
成長期毛包に影響を及ぼしているものと思われます。



脱毛症を起こす一つ目の機序は、毛球で、
毛髪成長のために行われる細胞の
有糸分裂活動の停止を誘導することによって
脱毛を起こすことで(成長期脱毛)。

二つ目の機序は、毛包を
早く休止期にすることによって
脱毛を引き起こすことです(休止期脱毛)。



成長期脱毛では、
脱毛が薬剤投与の通常数日から
数週間後から起きるのに対して、
休止期脱毛において、脱毛が明らかになるのは
薬剤投与の2−4ヵ月後に明白になります。



成長期脱毛は抗悪性腫瘍薬の突出した副作用で起こります。

抗悪性腫瘍薬は毛球に損傷を与え、
毛髪成長のために行われる細胞の有糸分裂活動を阻害します。



休止期脱毛は、
インターフェロン、高脂血症治療薬、
抗凝固剤、ビタミンAなどが
原因となっている可能性があります。



薬物性の脱毛は、
薬物の使用をやめると通常元に戻ります。

薬物による脱毛症の発生と程度は、
個人個人の体質により変わります。

ごく希しか脱毛を引き起こさない薬もあれば、
大部分の患者に脱毛を引き起こす薬もあります。



多毛と多毛症も、
薬剤投与と関係している可能性があります。

多毛に関連性が深いと考えられている薬剤は、
テストステロン、danazol、コルチコトロピン(ACTH)、
メチラポン、筋肉増強剤とグルココルチコイドなどです。

多毛症は、
シクロスポリン、ミノキシジルとジアゾキシドによって
起きる副作用のうち一般的なものです。



************************************************
脱毛・薄毛対策、育毛・発毛
http://alopecia.seesaa.net/

original article
http://alopecia.seesaa.net/article/30246489.html
************************************************


アーティクルリソース:http://www.viralarticle.com/

プロペシア   著 者: 武相荘翁

  ↓↓↓画像クリックで詳細ページへ
男性型脱毛症は、
思春期以降の上昇したアンドロゲンの影響下に
毛包がミニチュア化し硬毛が軟毛化する。


患者の男性ホルモン量は正常であることより、
本症を決定するのは毛包自体のアンドロゲン感受性、
特に毛乳頭細胞内での5α-リダクターゼU型の量的差異や、
同細胞のアンドロゲン受容体の質と量で規定されるとの考えが一般的となった。




男性型脱毛症の根本的治療薬として、
米国では抗男性ホルモン剤
(プロペシア;U型5α-リダクターゼ阻害剤)
内服が認められていたが、

2005年10月11日、日本でも輸入承認が取得された。




男性型脱毛症の根本的治療プロペシアは
5α-還元酵素を阻害し、
男性型脱毛症の原因物質である
DHT(ジヒドロテストステロン)産生を抑制することにより、
男性型脱毛症を治療する。




抜け毛防止の薬品は
これまでにも様々な種類が販売されていたが、
プロペシアは抜群の効力を誇ることで知られている。


海外での臨床試験では、
9割の患者で抜け毛の進行を抑える効果が見られたという報告がある。




************************************************
脱毛・薄毛対策、育毛・発毛
http://alopecia.seesaa.net/

original article
http://alopecia.seesaa.net/article/28674713.html
************************************************


アーティクルリソース:http://www.viralarticle.com/

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。