シャンプーと乳化作用   著 者: もんた

  ↓↓↓画像クリックで詳細ページへ
抜け毛や脱毛を引き起こす大きな要因として、
頭皮の『皮脂』との因果関係が指摘されています。
皮脂が酸化して凝り固まり、毛穴を詰まらせてしまうそうなのです。
そして更に汚れが溜まり、毛髪・毛根にとって良からぬ状態になる・・・
 
男性の方が女性よりも分泌量が多い傾向があるそうです。
男性ホルモンや皮脂腺の数が関係しているのでしょうね。
ちなみに私は、ちょっと多目かもしれません。
 
そこで、シャンプーは欠かせないものになります。
毎日一度は、きっちりと皮脂や汚れを洗い流したいものです。
 
ところで、洗髪時に頭皮を指の腹でやさしくマッサージすると、
ヌルっとした皮脂の感触が伝わってきます。
そしてこのヌルヌル感は、洗ってもなかなか消えてくれません。
つまり、頭皮の皮脂や汚れは落ちにくいと言う事です。
皮脂は酸化すると粘着力がパワーアップして、ますます落ちません。
毛髪の汚れは、水(お湯)洗いのみでかなり落ちるのですがね。
 
余分な皮脂…毛穴に詰まった皮脂を、どれだけ洗い落とせるか。
それがシャンプー剤を選ぶ際の、一つの大切なポイントなるのですが、
一般的なシャンプー剤には、『乳化剤の成分』が入っているそうです。

「乳化」とは、簡単に理解すると、二つの異なった物質を混合させ、
安定させる事です。たとえば、水と皮脂とは性質の異なるモノ同士な
ので混ざり合えない。すなわち皮脂の汚れは落ちにくい。
だから、シャンプー剤に乳化成分を含有させる事によって、
水と皮脂とを乳化させ、頭皮から洗い流すという事のようなのです。
 
研究や技術の革新が進み、シャンプー剤ごとに、様々な乳化作用を持つ
成分が開発され使用されているそうです。その作用レベルも色々だそう
です。能力や品質の高低があるらしいのです。

皮脂や汚れがスッキリ落とせるのは、想像するだけでも気持ち良さそう
です。しかし皮脂を落とし過ぎると、フケやかゆみなど、新たな頭皮の
トラブルの原因にもなりかねないです。何事も適度が肝要。洗い過ぎに
はご注意を。
 
シャンプー剤って科学的なんですね。私は、実は科学音痴なのですが、
よく考えてみると、食器洗い専用の洗剤などの洗浄のメカニズムと共通
点があるように思えます。どちらも余分な物質・汚れを落とす「洗剤」
には変わりが無い訳ですからね。
 
でも、シャンプー剤は人体を直接洗う洗剤です。これは極めてデリケー
トな問題です。乳化作用により皮脂や汚れがキレイに落ちるのは嬉しい
のですが、どんな成分なのか等にも留意して、出来るだけ人体に優しい
安全な、そして自分に合ったシャンプー剤を選びたいものです。
 

※当記事は下記のサイト様を参考にさせて頂きました。感謝します。
http://www.helsinkiformula.co.jp/index.html
 
 
***********************************
薄毛対策!育毛発毛WEB
http://hairstory.seesaa.net/
※original article
http://hairstory.seesaa.net/article/26331695.html
***********************************


アーティクルリソース:http://www.viralarticle.com/

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。